背骨を再考する

人間の背骨は湾曲しほぼ円形の脊椎骨とソフトでスポンジ的に衝撃を吸収する椎間板で仕切られ構成されています。そして筋肉や靭帯で保持されています。その骨は互いに積み重なり合い耐久性や強い支柱として肋骨や骨盤に繋がっています。背骨は頭部をサポートし腕や骨盤、脚を接続する中心として形成されます。

背骨には7つの頚椎、12の胸椎、5つの腰椎と5つの仙椎が有ります。

spineorg

背骨は連続的に自然湾曲し浅いS字カーブを描きます。首と腰の部位の湾曲は緩やかに前方側が凸レンズ状(柱前湾)になっています。鎖骨又は胸部付近は後方または背部側に湾曲しています。

脊柱の中は神経が通ります。この神経は時に衝撃や椎骨が出っ張る事で破損する事が度々有ります。驚くべき事は重労働の結果や良く有る事なのですがただ単に普通のオフィス椅子に座った結果、この様なダメージを受ける事が有ります。