騎乗姿勢が最高

な着座姿勢と乗馬の着座姿勢は、明らかな類似性があります。乗馬の姿勢は、背骨が真直ぐで骨盤と太ももの付け根は45度に曲がっていす。体は完璧なバランスを保ち、馬の動きにあわせて調整することが可能なのです。 horsman

には、骨盤と太ももの付け根の関節の角度が約45度になる姿勢で座るのが理想的です。というのは、この姿勢だと体の前方と後方の肉のバランスがとれ、体の重心が体の後方ではなく体を支えるベース上にあるからです。つまり、理想的な椅子とは、自由にバランスがとれ、腕、胴、そして頭が容易に動かせ、仕事場を自由に動きまわることができ、同時に背骨は自然なS字カーブを保っている、そんな椅子です。

   manwoman

バンバック・サドル椅子(上図)は、乗馬の鞍をヒントに開発されました。普通に座るだけで理想的な着座姿勢にり、腰や首、肩の負担を軽減します。